まぶた手術の種類

女性

まぶたの手術が人気の理由

日本人の多くは一重まぶたの方が圧倒的に多いとされ、深みがありパッチリとした目元の二重まぶたにあこがれている女性は特に多いといわれています。目元に使用する化粧品を利用せずに、常に自然な二重真ブラを手に入れるためには、美容整形外科で二重施術を受けることが重要になってきます。今まで二重まぶたの施術は、切開術など大掛かりな手術を行う必要があるとイメージしている方も多く、気軽にケアを受けることが出来ないと感じている方も多かったのですが、最近では切開せずに希望のまぶたのラインを形成することができる埋没法が口コミを中心に高い評価を受けています。埋没法が口コミを中心に人気が高くなっている理由が、従来の切開法に比べてもデリケートな目元にかかる負担が最小限に抑えることが出来るようになっていることや、特殊な医療用の糸を利用して2箇所を固定しているので、施術後のダウンタイムによる腫れや痛みなどがほとんど起こらない点が評価され、日帰りで受けられるプチ整形として人気が高くなってきています。ただ切開法や埋没法はどちらも受ける上での利点があるので、自分のまぶたの状態をきちんとカウンセリングを通じて診察してもらい、適切な施術方法で二重まぶたの形成を行うことが非常に重要になります。

自然な二重まぶたを形成することができるとして、美容整形外科で受けるまぶたの施術は口コミを中心に人気が高くなってきています。現在受けられる施術方法は大きく分けて切開法と埋没法の2つが行われています。確実に二重まぶたを作る事ができるとして人気がある美容整形は切開法です。切開法はまぶたにラインを決め、その部分を切開し皮膚と余分な脂肪を取り除いて縫合することにより、永久的に綺麗なラインを作り出すことができるメリットがあります。まぶたが厚い方などもこの方法を利用することがおすすめです。ただ切開法は手術を行うので、術後にダウンタイムの症状として腫れが長期間続いてしまう注意点がありますが、高い美容効果あるので人気が高い施術の一つです。くっきりとした二重が欲しいけれど、施術後の腫れや痛みが長続きするのは、休みを頻繁にとることができない社会人の方におすすめするのは埋没法です。埋没法は医療用の糸で眼瞼挙筋と皮膚をつなげることで、ラインを作ることが可能で、糸の通し方にとってラインを微調整することができることから、希望する好みのラインを作ることができると口コミ人気が高くなっています。ダウンタイムの心配がなく自然なラインを形成出来ますが、まぶたが元に戻りやすいのできちんと癒着されるまで、強くこすらないなど注意をする必要があります。